• ■茨城交通 KEHA-600 SCALE 1/80&87+N
  • ●セット内容/形式図×1・説明書×1・中厚紙×2・厚紙×2・薄紙×1 計7枚(1/87&Nは内容が異なります)
  • ■価格(1/80&87)/3,000円(税込)※送料無料
  • ■価格(N)/1,000円(税込)※送料無料

ご購入はこちら

  • ■組立済み車体価格(1/80&87)/16,800円(税込)※送料無料
  • ※組立て済み車体のご注文はお問い合わせページに組立済み車体希望と明記の上スケール、車種、お届け先住所を記入してください。

    キハ600形式図

    1960年、新潟鉄工所で生まれた茨城交通オリジナル車両。当時唯一のステンレスディーゼルカーでした。 401と同様に「ケハ」を名乗っていたのは軽油動車のためです。このシトの場合外観はステンレスでピッカピカ。 液体式にも関わらず、総括制御が出来ないという、孤独というか自立心が強いというか(言わないか)。ちょっぴり寂しげな細い目に、眉墨のような明かり窓。 そうか、このシト女性だったのか。

    前面妻板
    ●最初に腰部にICテープを貼る。フロント腰板に内張りを貼り、角度固定板を貼る
    フロント
    ●フロント窓枠も内張りを貼る
    フロント
    ●フロントサイドを曲げておく
    サイド
    ●フロントサイド内張りを貼る
    パーツ
    ●窓枠と腰部の合体
    合体
    ●車体構成パーツ
    屋根
    ●フロントと車体を合体
    コンバージョン
    積層屋根を付ける
    屋根
    ●側板はルーフを曲げる前に、ICテープのコルゲート表現と窓縁取りを貼っておきます
    コンバージョン
    ●コルゲート表現されたドアをはめ込みます
    屋根
    ●ディテールアップして完成
    コンバージョン
    ●ICテープ、0.5ミリ幅直線用、各色あります。作例ではホワイトを使用
    完成
    ●雰囲気出てますね
      

    Paper Sheet Series N

    NのKEHA600のコルゲートの表現は、GMのコルゲート板を使用しました。

    ペーパーシートシリーズは、ある程度のペーパー工作の経験者であれば、私が試作する程度のものは作れる(それ以上の方も当然いらっしゃるでしょうが)。流線型の前面も特別な治具を使うことなく組み立てられるよう設計しています。Nシリーズも同様です。今後少しづつアイテムを増やしていこうと思います。また二段窓、リベットも表現できるよう設計しています。またHゴム(バス窓)のある車輛は私が工作するとちょっとゴッツイですが、これもなんとかなりそうです。チャレンジしてください。ただし良い道具(丸刃の彫刻刀)が必要です。

    ※掲載の写真は各スケールが混在しているため、お手元の商品と一部異なる場合もあります(例:積層屋根の枚数が違うため色分けの位置が変わっています)。

    pageの先頭へ

    ご購入はこちら

ラインアップ

[私鉄(関東)]

キハ20

キハ501

ケハ401

ケハ402

ケハ600

キハ500

キクハ511

キハ651

キハ700

キハ700

キハ751

キハ753

キハ800

キハ900

キハ42202

キハ201

キホハ61

キハ1000

キハ41

キハ2000

キハ6100

キハ5800

キハ5100

キハ5000


karahuto

kokutetsu_old

kokutetsu

kamotsu

hokkaido

east

east

senter

west

shikoku

oha

moha

truck

バリエーション

組立済車体

イージーキット

図面集

エッチングシート

ギャラリー

Nギャラリー

開発

投稿ギャラリー

プライバシーポリシー

リンク